ビーグレンでシミが消えない人の共通点 あなたは大丈夫?

やっと見つけた美白ケアビーグレン。効果を期待して使ってみたけどそれほどでもなかったとショックを受けているあなた。そんなシミ消しに失敗してしまった人にはある共通点があるようなんです!
MENU

ビーグレンでシミが消えない人の共通点 あなたは大丈夫?

 

ビーグレンの美白ケアを使ってみたけど、なかなか思うようにシミが消えない、薄くならないと使うのをやめてしまっているかた実は結構いるんじゃないでしょうか。

 

シミが薄くならなかった人には実はこんな共通点があるかもしれません。

 

 

使い方を間違えている!またはケチって使っている!

 

商品を購入したときには必ず使い方を見ていますか?

 

実は案外見ていないひとも多いんだとか。

 

こんな感じかな~なんて適当につかっていると思うように効果がでません。

 

また、1本あたりの価格がちょっと高めなので長く使おうと思ってケチって少なめに使っている場合があります。

 

私も規定量どおりにつかったらあっという間になくなっちゃいそうなものもあるのでケチって使っていたこともあります。

 

でもなんだか効果がいまいちなんですよね~~・

 

ビーグレンのQuSomeホワイトクリームは顔全体にぬるクリームです。
ハイドロキノンが配合されているので夜だけに使うようにしましょう。

 

 

紫外線対策を十分におこなっていない!

 

シミを薄くしたならスキンケア以外にも気をつけることがたくさんあります。
なかでも一番といってもいいくらい重要なのが「紫外線対策」です。

 

ちょっと外出するだけでも必ず日焼け止めは必要です。
家にいるときでも窓からの紫外線があるので日焼け止めあ忘れずに!

 

また、日差しが強いときは防止やサングラス、日傘は必須アイテムです。

 

とにかく紫外線を顔に浴びないように努力する必要があるってことです!

 

 

昔にできた濃いシミにつかっている、そばかすやほくろを消そうとしている

 

ハイドロキノンで消すことができるシミは限られています。
肝斑、薄いシミ、最近できたばかりのシミ、ニキビや傷跡にできた色素沈着などがハイドロキノンで消すことが出来るものです。

 

シミでも古く昔にできたシミはなかなかそう簡単には薄くすることはできないということを最初に頭に入れておくべきです。

 

最近できた薄めのシミは消えやすいので効果があったと感じるんですね。

 

 

以上のことから、規定量を守って使うことと、万全の紫外線は必ず必要です。

 

ビーグレンホワイトケアトライアルセットにはパンフレットが1冊ついてまして、それに使い方の順番や注意点などが書かれているので、最初はこちらを見ながら使ってくださいね。

 

あとは自分のシミの種類なんなのかを知ることも大切になります。

 

わからない場合は皮膚科で聞くといいですね。

 

昔にできたシミでも長い時間をかけてじっくりケアすることで薄くなった方もいるので諦めないで続けることも大切ですね。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ