麻酔の技術が使われた世界的にも数少ないサイエンスコスメのビーグレン!

 

 

ビーグレンの特徴は浸透力の高さ

 

その浸透技術は医療用の技術が応用されたものだって知っていましたか?

 

 

麻酔などに使われているお肌に奥まで成分が浸透するQソーム(キューソーム)

 

ビーグレン独自の浸透技術のQuSome(キューソーム)は
麻酔などで使われている浸透技術が応用されているんです!

 

ビーグレンの浸透技術は">医療用の技術が応用されたスキンケアなんです!

 

 

 

どういった技術なのかというと・・・

 

 

歯医者の麻酔を思い浮かべてください。
まず、最初に表面に麻酔をなじませてから注射すると痛くないですよね?

 

あれは、歯茎の表面から内部に麻酔が浸透しているからです。

 

その技術を開発したのがビーグレンの開発者でもあるドクターケラー博士なんです。

 

 

 

麻酔の技術を化粧品に応用した画期的なスキンケアがビーグレンなんですね。

 

 

ビーグレンは浸透深度という発想で効かせたいところに届かせる!

ビーグレンの浸透深度

 

ビーグレンのコンセプトは「どんな成分も届かないからきかない、届くから効く」

 

つまり、どんな有効な成分でも、直したいところに届かなければ意味がないと言っています。
確かにそうですよね。

 

QuSome®粒子の大きさはナノサイズで、直径70~150ナノメートル。

 

なんとハリの先に約50個おさまるほどの大きさだそうです。

 

この成分を包み込む小さなカプセルは丈夫なため、クリームやローションゲルに配合しても安定していて、敏感肌に対しても優しい性質です。

 

ビーグレンのスキンケア製品の容器の中には何十億個ものQuSome®カプセルが配合されています。
これにより、肌の深部※まで、有用成分とともに浸透しさらにダメージのある場所にたっぷりとどまって肌の悩みを解決することが可能となるそうです。

 

 

日本の化粧品でキューソーム程、
浸透力にすぐれた技術をつかって製造しているメーカーは今のところないそうです。

 

美白ケア、ニキビケア、エイジングケアなどの
効果と即効性は他のスキンケアに比べて群を抜いているといえるのではないでしょうか。