増え続けるシミ、どうしたらいいの?

 

毎日しっかりスキンケアをして日焼け止めを塗っているのに
年を重ねるごとにシミができてしまうのはなぜでしょうか。

 

それは
今までに浴びてきた紫外線の影響が考えられます。

 

今はシミとしてお肌の表面に現れていなかったシミが
時を重ねた結果肌の表面にあがってきてシミとして定着してしまっているからです。

 

 

できてしまったシミはハイドロキノンで漂白していくのがベストな対応です。

 

今後できるであろう潜在しているシミにはアルブチンなどの美白成分がとても有効です。

 

なので
出来てしまったシミと、これからできるであろうシミ対策を行う必要があるんです!

 

 

ビーグレンのホワイトケアは、アルブチン配合の化粧水や配合配合のクリーム、そして高濃度ビタミンC美容液を使うことで今あるシミとシミ予防にも効果が期待できます。

 

今後、新しいシミの原因を作らないためにも、SPF値の高い日焼け止めを使うことをおすすめします!

 

 

シミを増やさないためのポイント

 

  • 紫外線対策をしっかりする
  • シミができないように、アルブチンビタミンC誘導体やハイドロキノン配合のスキンケアを使う
  • しっかり睡眠をとりきちんとした食生活をする
  • 保湿ケアを重点的に行う

 

紫外線対策をしっかりする

 

シミの大きな原因は紫外線によるものです。
なので家にいるときでも窓からの紫外線をしらずしらずに浴びてしまっているので、毎日必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。
外出の際には、SPF値の高いものを使用するなど、状況に応じて効果が高いものと低いものを使い分けるよにしてください。

 

毎日高いSPF値のものを使うのは肌にも負担になりますので注意しましょう。

 

日焼け止め以外にも、サングラスや日傘、アームカバーなどで肌に紫外線が当たらない工夫も重要です。
目から浴びる紫外線もシミの原因となることがわかっているのでサングラスはおすすめのアイテムと言えます。

 

シミができないように、アルブチン、ビタミンC誘導体やハイドロキノン配合のスキンケアを使う

シミケアには美白成分配合のスキンケアがおすすめ

 

シミを予防したり、これ以上濃くしないためには美白有効成分がはいったスキンケアでのケアも大切になってきます。
美白有効成分とは、厚生労働省が認めた成分で20種類ほどあるそうです。
有名なのが、アルブチン、ビタミンC誘導体、コウジ酸、ルシノール、プラセンタといったところ。

 

こういった成分は入っているスキンケアには医薬部外品という表示や「美白」という表記がされていますので注意して見てみてください。

 

シミを薄くする作用があるハイドロキノンですが、美白有効成分には認定されていません。
しかしながら、シミができる過程に働きかけシミ予防には効果があるので、ハイドロキノンが入っているスキンケアを使うことはおすすめのシミケアと言えるでしょう。

 

 

しっかり睡眠をとりきちんとした食生活をする

 

しっかり休息をとり、良い睡眠をとることは体もやすまりすし、もちろん肌にとっても良いことです。
また、規則ただしい食生活も重要です。
カップヌードルや揚げ物、ファストフードといったものばかりの食生活では体によくありません。
ビタミンやミネラル、良質なたんぱく質などを積極的に摂取するためにも野菜や果物を積極的に食べたりするといいですね。

 

 

保湿ケアを重点的に行う

 

シミをケアする際にも一番大切なのは肌の水分ケアです。
保湿をしっかりすることで肌のバリア機能が整い、肌のターンオーバーも正常になってきます。
ターンオーバーはシミの排出に大きく関わってくるものなので、保湿は手を抜かずにしっかりと毎日行うようにしなくてはいけません。

 

ビーグレンのホワイトケアはしっかり保湿もできる美白ケアになっています。
乾燥が気になるかたにおすすめです。

 

 

 

ビーグレンホワイトケアのリアルな口コミを知りたい!

 

 

ビーグレンのホワイトケアはハイドロキノン配合の美白ケアとして人気があります。
今あるシミへの効果が期待できると言われています。
実際につかったリアルな口コミを掲載しています。
興味があるかたはどうぞ。