ビーグレンのホワイトケアはどんなシミに効果があるの?

 

 

ビーグレンのホワイトケアは今あるシミに対しても効果が高いと人気がありますが、
それでは、どんなシミでも薄くできるのでしょうか?

 

 

ビーグレンのホワイトケアで効果が期待できるシミの種類

ビーグレンのホワイトケアで効果が実感できるとされているシミの種類は次の3つです。

 

  • 日焼けが原因のシミ(ほとんどがこれ!)
  • ニキビ跡、虫刺され跡、かぶれ跡などの色素沈着
  • 肝斑

 

 

日焼けが原因のシミ

 

ほとんどのシミが紫外線によるシミとのこと。
今まで浴びた紫外線の影響で加齢とともに肌の表面に出てきます。
ビーグレンの美白クリームで薄くできる可能性があります。

 

ニキビ跡、虫刺され跡、かぶれ跡などの色素沈着

いわゆる色素沈着と言われるものもハイドロキノンで薄くすることは可能です。

 

ニキビや虫刺されれなどの炎症の後や、傷跡などにも効果があるそうです。

 

 

肝斑

 

女性ホルモンの影響でできる左右対称のシミを肝斑といいます。
目の下の頬にできることが多いです。

 

このシミはレーザーを当てると逆効果になってしまうので、要注意です。
飲み薬でも改善されるようなので皮膚科で相談してみるといいですよ。

 

 

たとえ、上記のシミに当てはまるからといって絶対に薄くすることができるとは限りません。
なぜなら、ハイドロキノンが効果があるのは、表皮にあるシミだけです。

 

肌の深部にできたシミはレーザー治療でなんとかするしかないです。

 

 

また、薄いシミなら比較的短時間で消すことができますが、
濃くて古いシミは時間がかかるることは頭に置いておいてください。

 

 

 

シミの原因を知ることで新しくできるシミを予防しよう!

 

シミができる原因には次のような理由が考えられます。

 

紫外線

シミの原因として有名な「紫外線」。

 

紫外線を浴びると、メラニン色素が大量生成され、その後うまく排出されない場合に色素沈着してシミとなってしまいます。

 

 

 

生活習慣の乱れ

睡眠不足や偏った食生活、運動不足などが続いたとき、肌の調子が悪くなったという経験はありませんか?
こうした生活習慣の乱れや健康状態の悪化は肌のターンオーバーの乱れにつながっています。

 

ターンオーバーが乱れるとメラニン色素の排出も滞ります。
そのメラニン色素が肌内部に沈着し、やがてシミとして肌表面に現れるようになります。

 

特にやめたほうがいいのはタバコです。
タバコを吸うと代謝にメラニン色素の生成を抑える「ビタミンC」が多く消費されるため、喫煙習慣のある人はビタミンが不足し、シミができやすいとされています。

 

 

過剰なスキンケアや肌への刺激

 

よかれと思って毎日しているクレンジングや洗顔、スキンケアなどでもシミの原因になってしまうことがあります。
過剰な洗顔やスキンケアをしていると、肌への摩擦が多くなってしまいます。
すると、肌のターンオーバーが乱れてしまい、シミが出来やすい肌になってしまいます。

 

 

必要以上に保湿力の高い美容液や美容クリームの使用や、
ごしごしと強くこする洗顔や力強いマッサージも肌を痛めてしまうため、ターンオーバーやメラニン色素の生成に悪影響を与えます。

 

ターンオーバーが滞ると日常的な日差し(紫外線A波)を受けた場合でも色素沈着しやすく、シミのできやすい肌となってしまいます。

 

 

まとめ

このように、シミの原因やハイドロキノンで効果があるシミの種類を見てきましたがいかがでしたでしょうか。
初めて知ることも多かったのではないでしょうか。

 

ビーグレンのように、ハイドロキノンを低濃度に配合したスキンケアは自宅でのシミ予防や今あるシミケアに最適です。

 

自分のシミの種類を確認し、スキンケアではどうにもならないような場合は、美容皮膚科などでレーザー治療などを受けてみると良いかなと思います。