ビーグレンは副作用の心配はないの?効果が高いと気になる

 

 

ビーグレンの美白ケアの効果が高い理由としては、
ハイドロキノンが配合されていることが挙げられます。

 

ハイドロキノンは今現在、美白の最強成分といわれているくらい、
漂白作用が強い成分です。

 

 

コウジ酸やアルブチンなどの一般の美白成分と比較した場合、
約100倍もの美白効果はあるとされています。

 

 

 

ちょっとお肌への刺激が強いんじゃないの・・・

 

 

なんて思う人もいますよね。

 

でも大丈夫です。

 

ビーグレンの美白クリームに配合されている
ハイドロキノンの濃度は1.9%です。

 

濃度が5%以下のものでも副作用は今のところ報告されてないそうなので、
ビーグレンの濃度はお肌への副作用に関しては問題ないレベルでしょう

 

皮膚科ですと5%の濃度のハイドロキノンクリームが処方されますが、市販のものだと2%以下になるので肌への刺激は少なくなるので安心ですね。

 

高濃度のものを使いたい場合は、ネットで高濃度のものを買うのではなく、病院にいって医師に処方してもらうクリームを使用することをおすすめします。

 

まれに、敏感肌の方はかゆみが出たり、
赤くなったりすることもあるそうですので、何かあったらすぐに使用を中止して皮膚科かビーグレンのサポートに問い合わせましょう。

 

妊婦や授乳中の女性はお肌が敏感な時期なので、
使用する前に専門医に相談してくださいね。